ホーム > サイトマップ > コンテンツ

公正証書相談室

特定の者に借入金の債務と抵当権を相続させたい


 スポンサーリンク


債務および抵当権の内容を具体的に明記する

抵当権は、債務とともに相続されます。債務の名義変更については、情権者の許可が必要ですので、債権者が許可しない場合は、相続人全員が返済義務を負うことになります。法務局で名義変更できるものは登記の対象となるものに限られていますので、土地や建物の所有権や、賃借権や抵当権などが相続の対象となります。これらについて登記をしている場合は、法務局で名義変更(移転登記)をすることができます。この相続による権利の移転の登記は、登記権利者が単独で申請することができます。相続登記は相続開始後なるべく早く済ませるのがよいでしょう。

遺 言 書
遺言者○○○○は本遺言書により次のとおり遺言する。
遺言者は、次男○○に、以、下の物件を相続させるとともに、○○
銀行○○支店からの借入金○○○○万円に対する債務と、土地、
建物の抵当権を相続させる。
(1) 土地
   所 在  東京都○○区○○町○丁目
   地 番  ○○番
   地 目  宅地
   地 積  100.00㎡
(2)建物
   所 在  東京都○○区○○町○丁目○番○号
   家屋番号 ○○番
   種 類  居宅
   床面積  1階 50.00㎡
        2階 35.00㎡
平成○○年○月○日
東京都○○区○○町○番○号
 遺言者  ○○○○  印



 スポンサーリンク