ホーム > サイトマップ > コンテンツ

公正証書相談室

相続財産の中に寄与分があるとき


 スポンサーリンク


貢献度に応じて受け取る遺産を増加させることもできる

被相続人の財産の維持または増加に特別の寄与(貢献)をした相続人は、本来の相続分とは別に、その寄与分を相続財産の中から取得できます。寄与分を受け取ることができるのは、相続人に限られます。寄与分を反映させる場合は、遺産の総額から寄与分を差し引いた額を相続財産として確定し、それぞれの相続分で分け合います。寄与をした相続人は、その相続分に寄与分を加えた額を受け取ることができます。寄与分は、相続人間の協議で決めます。協議がまとまらないときは、寄与をした相続人の請求により、家庭裁判所で決めてもらうことができます。

遺 言 書
 遺言者○○○○は本遺言書により次のとおり遺言する。
1 遺盲者の妻○○○○には、寄与分の1000万円に加え、当該寄
 与分を控除した残りの財産の2分の1を相続させる。妻○○は、
 遺言者が会社員を辞めて事業を始めた際に、その開業資金の一部
 として1000万円を支弁してくれたものである。この協力がなけ
 れば遺言者の現在の財産の形成はなかったといっても過言ではな
 い。
2 長男○○○○及び二男○○○○には、上記1の妻○○に対す
 る寄与分1000万円を控除した残りの財産の4分の1をそれぞれ
 相続させる。妻○○への寄与分を控除しないで息子たちの法定相
 続分相当額を計算すると、本遺言による額をもちろん上回るが、
 他方で右額は遺留分を下回るわけではない。息子たちは、上記の
 とおり母の協力があって今日があることを忘れないとともに、母
 の過去の協力と老後の生活に対する父の配慮をよくよく理解して
 ほしい。
平成○年○月○日
東京都○○区○○町○丁目○番○号
  遺言者  ○○ ○○  印



 スポンサーリンク