ホーム > サイトマップ > コンテンツ

公正証書相談室

特定の者に遺留分を放棄してもらいたい


 スポンサーリンク


理由を明記し、希望するという体裁で書く

遺言に「遺留分を放棄してほしい」旨を明記したとしても、相続人に強制することはできませんが、意思を伝えることは可能です。相続人が納得できる理由も書いておきましょう。なお、遺留分に配慮した相続をさせるのであれば、①他の財産を相続させる(本書式例は会社事業と関係のない財産)か、②実際に相続した者から遺留分放棄した者に金銭の支払いをすることで調整する、といった方法が考えられます。相続人が遺留分の放棄をする場合は、単に他の相続人が自己の遺留分を侵害した相続をすることを認めることで実現します。相続開始前に相続人が遺留分を放棄する場合は、家庭裁判所の許可が必要となります(民法1043条)。

遺 言 書
 遺言者○○○○は本遺言書により次のとおり遺言する。
1 遺言者は、株式会社○○○○に関する、すべての財産およびそ
 の所有権と経営権を長男○○に相続させる。
2 次男○○には、事業を円滑に継続させるために、その遺留分を
 放棄することを希望する。
平成○○年○月○日
東京都○○区○○町○番○号
 遺言者  ○○○○  印



 スポンサーリンク