ホーム > サイトマップ > コンテンツ

公正証書相談室

ペットの世話を頼みたいとき


 スポンサーリンク


ペットの飼育という負担をつけて遺贈する

ペットを飼っているが、自分が死んだあとに世話をする家族がいないというケースも多いと思います。そのような場合には、ペットそのものを誰かに遺贈するということも考えられますが、世話をするにはお金も手間もかかりますから、相手にとってはありがた迷惑となりかねません。相手方が遺贈を放棄する可能性も高いでしょう。そこで、負担付遺贈の形でペットの飼育を依頼するという方法が考えられます。つまり、「ペットを飼育する義務を負う」という負担をつけて金品などの財産を遺贈するわけです。現金や預金を遺贈すれば、そこからペットの飼育や埋葬の費用もまかなえます。そうすれば、相手もペットの飼育を引き受けてくれる可能性が高まります。

遺 言 書
 遺言者○○○○は本遺言書により次のとおり遺言する。
    (1、2略)
3 遺言者とペット同好会の仲間である○○○○(東京都○○区
 ○○町○丁目○番○号居住、昭和○年○月○日生)に次の財産
 を遺贈する。
    (財産の表示略)
4 受遺者○○○○は、上記1の遺贈に対する負担として、遺言
 者が長年育ててきた猫の「ココ」を生涯大事にめんどうをみるこ
 と。また、その死後は手厚く埋葬する義務を負うものとする。
5 本遺言の遺言執行者として次の者を指定する。
   住所 東京都○○区○○町○丁目○番○号
            弁護士  ○○ ○○
平成○年○月○日
東京都○○区○○町○丁目○番○号
  遺言者  ○○ ○○  印



 スポンサーリンク