ホーム > サイトマップ > コンテンツ

公正証書相談室

現在の妻に先妻の子の世話を頼みたいとき


 スポンサーリンク


後妻に先妻の子を扶養する義務はないが

先妻はすでに夫の配偶者ではありませんから相続権はありませんが、先妻との間の子には相続権があります。配偶者(後妻)の法定相続分は2分の1で、残りの2分の1を子2人が均等に(4分の1ずつ)分け合います。ただ、義理の親である後妻に扶養の義務はありませんから、子がまだ独立していない場合には、財産を相続させるだけでは将来の不安が残ります。こうしたときは、「子を扶養する」という負担をつけて後妻に遺贈するとよいでしょう。もっとも、遺贈を放棄される可能性もありますから、遺言書で妻を子の後見人に指定するのも1つの方法です。

遺 言 書
遺言者○○○○は本遺言書により次のとおリ遺言する。
1 遺言者の妻○○○○に遺言者のすべての財産を遺贈する。
2 妻○○は、上記1の遺贈に対する負担として、遺言者の先妻
 の子である長男○○○○及び長女○○○○が成人に達するまで、
 同居して扶養する義務を負うものとする。
3 本遺言の遺言執行者として次の者を指定する。
   住所 東京都○○区○○町○丁目○番○号
            弁護士  ○○ ○○
平成○年○月○日
東京都○○区○○町○丁目○番○号
  遺言者  ○○ ○○  印



 スポンサーリンク