ホーム > サイトマップ > コンテンツ

公正証書相談室

妻の連れ子にも財産を遺したいとき


 スポンサーリンク


連れ子には相続権がない

夫が死亡して妻と長男が遺されたほか、妻の連れ子もいるというケースです。この場合、妻の先夫に相続権がないのは当然ですが、連れ子にも相続権はありません。妻の子ではあっても、死亡した夫からみれば実子でも養子でもないからです。妻と長男が2分の1ずつ相続します。連れ子にも相続させたい場合には、生前に養子縁組を結んでおけば実子と同じように相続分が認められます。また、養子縁組をしなくても、遺贈によって財産を譲ることが可能です。

遺 言 書
遺言者○○○○は本遺言書により次のとおり遺言する。
1 遺言者の妻○○○○の子、○○○○は遺言者の実子でも養子
 でもないにもかかわらず、家庭生活や家業における遺言者に対す
 る献身ぶりには目をみはるものがあり、感心すると同時に大変感
 謝している。
  ついては、遺言者○○○○は、その労苦に報いるため○○○○
 に○○銀行○○支店遺言者名義の定期預金(口座番
 号×××××)のすべてを遺贈する。
2 上記以外の財産につぃては、妻○○と長男○○○○にそれぞれ
 法定相続分どおりの相続をさせる。
平成○年○月○日
東京都○○区○○町○丁目○番○号
  遺言者  ○○ ○○  印



 スポンサーリンク