ホーム > サイトマップ > コンテンツ

公正証書相談室

自分より先に妹が死亡した場合に妹の子に財産を遺す


 スポンサーリンク


代わりの受遺者を明記する

遺贈をする相手(受遺者)が、遺言者より先に死亡した場合、遺言は無効となり、遺贈するはずであった財産は相続人のものとなります。受遺者の子は、代襲して遺贈を受けることができないので、受遺者の身内に相続させたい場合は、その旨を明記しておく必要があります。通常の相続によって兄弟姉妹が被相続人となる場合には、その兄弟姉妹が先に死亡した場合は、その子どもである被相続人の甥や姪が代襲相続します。つまり、妹に残したかった財産を妹の子供に残すことができるのです。しかし、遺贈では、このような代襲は認められません。ですから、「妹が先に死亡した場合は、その子供に遺贈するものとする」というように遺言書に明記する必要があるのです。

遺 言 書
遺言者○○○○は本遺言書により次のとおり遺言する。
遺言者は、妹○○○○に、遺言者名義の次の口座の全額を遺贈
する。
・○○銀行○○支店
・普通預金口座番号○○○○○○○○
妹が遺言者より先に死亡した場合は、弟の長男○○に遺贈する。
平成○○年○月○日
東京都○○区○○町○番○号
 遺言者  ○○○○  印



 スポンサーリンク