ホーム > サイトマップ > コンテンツ

公正証書相談室

おいやめいに財産を相続させたいとき


 スポンサーリンク


原則として相続権はない

被相続人に子や孫などの直系卑属も父母や祖父母などの直系尊属もいないという場合には、兄弟姉妹(おい・めいの親)が配偶者とともに相続人になります。おい・めいには、原則として相続権はありません。おい・めいが相続できるのは、自分の親がすでに死亡していて、その代わりに相続(代襲相続)する場合だけです。ただ、兄弟姉妹に相続させるのではなく、直接おい・めいに遺産を譲り渡したいという事情があるときは、遺贈によって財産を分け与えることができます。

遺 言 書
遺言者○○○○は本遺言書により次のとおリ遺言する。
1 遺言者の妻○○○○に次の財産を相続させる。
(1) 土地
   所 在  東京都○○区○○町○丁目
   地 番  ○○番
   地 目  宅地
   地 積  100.00㎡
(2)建物
   所 在  東京都○○区○○町○丁目○番○号
   家屋番号 ○○番
   種 類  居宅
   床面積  1階 50.00㎡
        2階 35.00㎡
2 遺言者の姪○○○○に○○銀行○○支店遺言者名義の定期預
 金(口座番号×××××)すべてを遺贈する。子どものいない遺
 言者夫婦にとって、死後の供養をしてくれる親族は姪○○のみで
 あり、その母○○すなわち遺言者の姉とも協議のうえ、この遺贈
 を行うこととしたものである。
3 本遺言の遺言執行者として次の者を指定する。
   住所 東京都○○区○○町○丁目○番○号
            弁護士  ○○ ○○
平成○年○月○日
東京都○○区○○町○丁目○番○号
  遺言者  ○○ ○○  印



 スポンサーリンク