ホーム > サイトマップ > コンテンツ

公正証書相談室

親のいない孫に財産を遺したいとき


 スポンサーリンク


代襲相続よりも遺贈がよい

父が死亡したが、それより前に長男が死亡しており、母と二男、それから長男の子(被相続人の孫)が残されたというケースです。この場合、孫は自分の親つまり被相続人の子(長男)に代わって相続(代襲相続)することができます。そうすると、母の相続分は2分の1、二男と孫の相続分はそれぞれ4分の1ということになります。孫に遺産をたくさん遺してやりたいという場合には、孫に代襲相続させるのではなく、遺言によって遺贈するとよいでしょう。孫が未成年者の場合、親権者である長男の妻が孫の財産管理を行いますが、遺言で第三者を財産管理者に指定しておけば、親権者は財産の管理に文句が言えなくなります。

遺 言 書
遺言者○○○○は本遺言書により次のとおり遺言する。
    (1、2略)
3 遺言者は、亡き長男○○○○の長男すなわち遺言者の孫○○
 ○○(平成○年○月○日生)に○○株式会社の株式すべてを遺
 贈する。
4 上記3の財産については、孫○○の親権者○○○○には管理
 させないこととする。
5 上記3の財産の管理者として次の者を指定し、同人に管理させ
 る。
  住所 東京都○○区○○町○丁目○番○号
           弁護士  ○○ ○○
平成○年○月○日
東京都○○区○○町○丁目○番○号
  遺言者  ○○ ○○  印



 スポンサーリンク