ホーム > サイトマップ > コンテンツ

公正証書相談室

愛人の子を自分の子として認知したい


 スポンサーリンク


認知する子の本籍地は、母親の本籍地と同一にする

愛人の子を遺言で認知する場合、それがどこのだれであるかを明確にするため、住所、氏名、生年月日などを明記し、認知する旨を記載します。認知によって、その子には嫡出子の2分の1の相続分が認められますが、相続財産や相続分について遺言書で指定しておくと、相続手続が円滑にできます。なお、遺言によって、嫡出子と相続分を等しくすることも可能です。遺言による認知は、相続財産をあてにしていた配偶者や子供など、法定相続人との関係で、相続トラブルとなり、「親子関係不存在確認の訴え」を起こされるといった可能性もあります。他の相続人が納得するような事情を遺言書に明記して、トラブルを起こさないための配慮をするのもよいでしょう。

遺 言 書
遺言者○○○○は本遺言書により次のとおリ遺言する。
1 遺言者は、自分と○○○○(昭和○○年○月○日生)の間に生
 まれた子である○○○○を、自分の子として認知する。
 氏名 ○○○○
 住所 大阪府○○市○○町○番○号
 本籍 愛知県○○市○○町○番○号
 生年月日 昭和○○年○月○日
 戸籍筆頭者 ○○○○
2 遺言者は、次の預金口座の預金全額を、遺言者が認知した子であ
 る○○○○に相続させる。
○○銀行○○支店
普通預金口座番号○○○○○○○○
3 本遺言の遺言執行者として、次の者を指定する。
住所 東京都○○区○○町○番○号
      弁護士 ○○○○
平成○○年○月○日
東京都○○区○○町○番○号
 遺言者  ○○○○  印



 スポンサーリンク