ホーム > サイトマップ > コンテンツ

公正証書相談室

先妻の子と後妻との相続争いを避けたいとき


 スポンサーリンク


法定相続分とは違う分割方法を指定しておく

先妻の子も後妻の子も「嫡出子」であることに変わりはありませんから、法定相続分はまったく同じです。配偶者(後妻)の相続分は2分の1で、残りの2分の1を長男と二男が均等に(4分の1ずつ)分け合います。先妻は相続の時点では被相続人の配偶者ではないので、相続権がないのは当然です。ただ、先妻の子どもと後妻との関係がうまくいっていないなど、のちのち相続争いになる可能性があるときは、遺言で遺産分割方法の指定をしておくとよいでしょう。なお、後妻と先妻の子どもの間に法律上の親子関係はありませんから、後妻が死亡した場合でも先妻の子に相続権はありません。

遺 言 書
遺言者○○○○は本遺言書により次のとおり遺言する。
1 妻○○○○に次の財産の持分の3分の2、妻○○との間の二
 男○○○○に同持分3分の1を相続させる。
(1) 土地
   所 在  東京都○○区○○町○丁目
   地 番  ○○番
   地 目  宅地
   地 積  100.00㎡
(2)建物
   所 在  東京都○○区○○町○丁目○番○号
   家屋番号 ○○番
   種 類  居宅
   床面積  1階 50.00㎡
        2階 35.00㎡
2 先妻○○○○との間の長男○○○○に次の財産を相続させる。
(1) ○○銀行○○支店遺言者名義の定期預金すべて
(2)先妻○○が遺言者との結婚前から所有していた掛け軸1本
3 妻○○にその他遺言者に属する一切の財産を相続させる。
4 本遺言の遺言執行者として次の者を指定する。
   住所 東京都○○区○○町○丁目○番○号
            弁護士  ○○ ○○
平成○年○月○日
東京都○○区○○町○丁目○番○号
  遺言者  ○○ ○○  印



 スポンサーリンク