ホーム > サイトマップ > コンテンツ

公正証書相談室

親の後妻に財産を遺したい


 スポンサーリンク


後妻は法定相続人ではないので、「遺贈する」と書く

遺留分を有する相続人がいる場合は、トラブル防止のため、なぜ後妻に遺贈するかの理由を明記しておきましょう。 遺言者の親が再婚して、その再婚相手と遺言者が養子縁組をしていない場合は、再婚相手には遺言者の財産を受ける権利はありませんので、「遺贈する」旨を明記します。 養子縁組をしている場合は注意が必要です。養子には、特別養子と普通養子があります。特別養子は、実親との親族関係がなくなってしまうのに対し、普通養子は実親との親関係もそのまま継続します。そのため、普通養子は実親と養親を二重に相続する権利を持つことになります。なお、遺言で養子縁組をすることはできません。

遺 言 書
遺言者○○○○は本遺言書により次のとおリ遺言する。
遺言者は、父の後妻である○○○○に、次の口座を遺贈する。
○○銀行○○支店
普通預金口座番号○○○○○○○○
これは、後妻が、血縁関係のない自分を、実の子同前に育ててく
れたことに対する感謝の気持ちである。
平成○○年○月○日
東京都○○区○○町○番○号
 遺言者  ○○○○  印



 スポンサーリンク